実力社会に生き残るベンチャーインターンシップ

強大て挙げるなら、やる気・成長志向・基礎的なパソコンの能力(タイピングなど)でしょうか。最近はベンチャー企業就職のためにも提供されてます。

 

重要なのはインターンシップをどれだけはじめて成長できるか、どれだけ会社に貢献できるかデス。」というより、「スキルは無しですが成長するので使って下さい!」という風に強気で攻めていきましょう。

 

正直な話をすると、学生のインターンシップキャリアバイトのレベルでは、初期のスキルはほとんど重視されません。なので、学生の皆さまは、「スキル無くて申し訳ありません。

 

インターンシップで募集される職種はとりわけ、営業・企画・マーケティング・事務・技術者・デザイナーがあります。おそらくは大半の方が想像をされる様に、営業・企画・マーケティング・事務のインターンシップをやるときに必要となるスキルは、ほとんどございません。

 

その際に、エンジニアやデザイナーにまったく関係する知識が欠如人より、知識の多少ある人の方が早急戦力になりそう、という程度でしか能力については問われません。エンジニア・デザイナーに関してですが、これらの職種はいわゆる技術職なので、上に挙げた職種より、ソコソコの能力を要求されます。

 

とはいっても、そこまで難しく考える必要はありません。それより、いかに最短期間で業務を行えるレベルまで成長できるかが問われます。