実力社会に生き残るベンチャーインターンシップ

インターンシップは学生と社会との架け橋デス。バイト代を稼ぐことを目的とするのではなく自分自身の成長、ベンチャー企業就職とはどんなふうにゆう事か、自分自身にあった仕事とはどんなものなのかなどと目的を持って挑戦しましょう。

 

学生時代は会社という組織で漠然と働くということをイメージはできると思いますが、実際に働いてみたところ、自分の思ってた通りにいかない事ばかりです。しかしそれと同じくらい影響してくるのが、人脈です。

 

相手より自分の方が実力はあることは本人も回りも認めていても、自分の力では使用も如何出来ない事もあるのです。仕事の内容や自分のやった甲斐をキチッと持つ事が大切デス。

 

インターンシップは基本的には無給なのですが、長期にわたるものや内容次第では賃金が支払われる事もあります。競争において何が優劣をつけるかというと、仕事の能力という面が最大デス。

 

期間はというわけではない決められてませんので、自分に合わないとおもう時や他のインターンシップも経験してみたいとおもうときは相手先の企業に話をキチッとしましょう。キャリアバイトは通常のアルバイトとは違うので社会人としての自覚持ち仕事を通じて成長をするようにしましょう。

 

キャリアバイトも目的は自分に合った企業とか仕事を経験する事を目的としています。みじかい期間のもでは一週間というものもあるのですが、長たらしいものでは3ヵ月にも及ぶ事もあります。

 

せっかくの制度なので学生のうちに社会人とはなにかを身をもって経験をすることを一押しします。