実力社会に生き残るベンチャーインターンシップ

実際に企業で働くことで、何を自分が将来したいのか?日本政府もインターンシップ制度の推進を行っていて、1997年には「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」をとりまとめ、制度を確立していきました。そのような問題を解決するという意味において、インターンという制度は非常に注目されきてます。

 

コレによりインターンシップの制度は浸透をしていき、現在では数十万人の学生が広義のインターンシップを経験していて、ベンチャー企業就職でも重要な存在となりました。しかしながら、インターンは『スキルを高められる』、『適切な職業選択を行える』などそれ以上に大きな秀逸ところがあると言えると思います。

 

インターンシップを通じて、学生は企業とか仕事について整然と理解をしたうえで職業選択を行うことができるからです。何に合っているか?を考える好いタイミングとなります。

 

その原因として学生と企業のミスマッチや、学生が「仕事」についてきちんと理解をしてないことが挙げられます。インターンシップとは、企業で学生が一定の期間実務(あるいはそれに準ずるもの)を体験するというものです。

 

この頃では、3年以内に仕事を辞める社会人が少なくないということが問題視されています。インターンという言葉・制度は比較的最新もので、問題点も報告されています。