実力社会に生き残るベンチャーインターンシップ

面接で必要な事は、過去のユニークな経験と頭の回転の速さであると感じてます。そのため、いつだって緊張的感じを持って仕事しないといけません。

 

インターンシップ時は常に考えて行動をしているので、基本になる処理能力や論理的な思考水準は向上すると考えられます。ワタシ自身も、胃がプレッシャーで痛くなった事があります。

 

インターンシップは大部分の最善点があるのですが、一方で短所もあります。インターンシップを長期間でやってる学生は瑣少ので、非常に有効であると感じてます。

 

その人自身を知ることはなかなかむずかしいので、面接官はその人について知ろうとする時に、過去の経験について聞いてきます。因みに、頭の回転の速さをはかる質問もシバシバ飛んできますが、それに対しもインターンシップしていると比較的すらすらと答えられます。

 

そのときに他人とは違う体験をしていると面接官感じに残りやすいですし、高く評価をしていただく事は多かったと思います。インターンシップでは自分の失敗によって、クライアントや会社に大きな迷惑がかかります。

 

そのため、『なんとなくおもしろそうだから』程度の軽やか気持ちでベンチャー企業就職などのためのインターンシップに応募する事はオススメできません。何でインターンシップしたいのか?インターンシップを通じて何を成し遂げたいのか?をきちんと考えてください。

 

それは間違いなく、『仕事に責任を持たなければいけないこと』です。